アーサナを正しく理解する

今回は、『アーサナを正しく理解する』です。

アーサナとは、ヨガの坐法・体位のことです。いわゆるポーズのことですね。

皆様は、ヨガをして身体を痛めたことはありませんか。実は、私は経験があるのです。

ついやってしまいがちな過伸展です。

過伸展とは、肘や膝の関節が普通より伸びすぎてしまう(180度以上に伸展する)ことです。

私の場合は、三角のポーズをした時に、まだまだ伸ばせると思い、膝を伸ばしすぎ、痛めてしまいました。

アーサナをしている時に、肘や膝に注意を向けることも大事です。

皆様もヨガをしている時は、気をつけましょう。

TAMAKO

 

参考文献:すぐひける ヨガポーズパーフェクトバイブル Makoto

アーサナ Wikipediaから

YOGA LIFE NAGOYA 2018

5月13日(日曜日)に、私たちは鶴舞公園に「YOGA LIFE NAGOYA 2018」へ行ってきました。

 

名古屋でヨガフェスをやっているんですね!?

最近まで知りませんでした。

 

昨日はあいにくの雨なのが、とても残念でした。

しかし、そんな雨にも負けず多くの人がヨガフェスに参加されていました。

意外と愛知県のヨガ人口の多さにびっくりしました。

 

私たちは「Kaori先生」「Aya先生」が講師のスローヴィンヤサ&Yinヨガ- 内側の陰陽バランスを整える に参加しました。

 

ヨガにも色々な種類があるのでとても勉強になり、何よりもとても楽しい時間が過ごせた事が良かったと思います。

 

ヨガをやって昨日はとても爽やかで楽しい1日を過ごす事ができました。

 

TAMAKO & SHU

ヨガの効果 ダイエット効果

ヨガには、自律神経や精神状態を整える効果があることが

分かりました。今までの記事はこちらです。

今回は、ダイエット効果について説明します。

 

使わない筋肉を鍛えて基礎代謝アップ

正しい姿勢をキープすることは、ヨガの大切な要素の

ひとつです。

私たちの身体には、およそ400あまりの骨格筋があると

言われていますが、日常生活で使っているのはほんのわずかな

筋肉だけです。

ヨガによって、普段使っていない筋肉を刺激することは、

非常に効果のある基礎代謝アップ法といえます。さらにヨガでは、

呼吸をしっかり行いながら運動を続けるという典型的な

有酸素運動でもあります。

 

デトックス作用で美肌になる

ヨガを行うことで代謝が上がり、体内の老廃物が排出されるため、

肌にハリやツヤ、潤いを取り戻せると言った効果が得られます。

またリンパの流れも促されるため、くすみが解消し、肌のトーンが

明るくなる効果も期待できます。

 

ストレス解消でメンタルダイエット

仕事や人間関係などで生まれたストレスは、本来その関係性の中で

解消するべきものです。ところが人間には代替欲求というものがあり、

ストレスを解消するために無意識に欲求をすり替えてしまうのです。

ストレスが溜まると買い物をしたくなったり、やけ食いに走ったり

するのはそのせいなのです。買い物や食事に欲求がすり替わり、

それを満たすことで満足感が得られるというわけです。

このすり替えで、私たちが一番陥りやすいのが食べ物といわれています。

ヨガにはストレスを発散させる効果があります。根本的なストレスが

解消されれば代替欲求も抑えられ、過食傾向も減ります。食事の量

だけではなく食欲の量を減らすダイエット、といえるかもしれません。

 

このように、ヨガは内部から身体や心を整える働きがあります。

この機会にヨガを初めてみませんか。

TAMAKO

参考・引用文献:DVDで覚えるシンプルヨーガLesson 綿本彰

これ1冊できちんとわかるヨガ 綿本ヨーガスタジオ RIE監修

 

ヨガの効果 精神状態を整える

前回の記事でヨガは、自律神経を整える効果があることが

分かりました。

ヨガには、良いことが沢山あります。

今回は、精神状態を整えるについてです。

 

ハードな運動で集中&リラックス

例えば事故にあったときなど、身の安全が保障されていないときは

明日の仕事のことは考えることができません。

人間というのは、身体的に追い込まれると余計なことを考える余裕が

なくなってきます。

ヨガの動作はなかなかハードなので、ある程度の時間続けていると、

自然と身体を動かすことだけに神経が集中してきます。

仕事上のトラブルや人間関係などの悩みを抱えていたとしても、

ヨガを行っているうちに動作に集中していき、悩み事から頭がスイッチ

されるのです。

 

ヨガで心の柔軟性を手にいれる

ヨガは身体だけでなく、心も柔軟にしてくれます。

無理にポーズをとろうとせず、目を閉じて深く呼吸しながら身体の

感覚に意識を向けてみましょう。

痛みや緊張、身体のこわばりといった感覚を見守るように

優しい気持ちで受け止めます。

すると、余計な力が抜けて自然と身体が緩んでくるのです。

ヨガで大切なのは、心を柔軟にして身体とコミュニケーションを

とることです。

その結果、日常生活でも物事の受け止め方も柔軟になっていくのです。

 

なんだかイライラしてしまう方、心がもやもやしている方、ヨガをして

精神状態を整えませんか。

心がすっきりするかもしれませんよ。

TAMAKO

 

引用文献:DVDで覚えるシンプルヨーガLesson 綿本彰

ヨガの効果 自律神経を整える

みなさんは、ヨガついてどのようなイメージがありますか?

身体に良いイメージがあるけど、実際にはどのように良いので

しょうか?

ヨガによって得られる効果はいくつもあります。

今回は、自律神経の調整について説明しましょう。

 

自律神経を整えて体調アップ

驚いたときには心臓がドキドキし、心配事があると食欲がなくなる、

というように心と内臓が結びついています。

内臓の働きをコントロールしているのが、自律神経です。

これは心理的な影響を受けやすく、ストレスなどで自律神経の

バランスが崩れてしまうと、身体の各器官の働きが悪くなったり、

ホルモンバランスが崩れたりと、さまざまな不調が引き起こされます。

心身のさまざまな器官をコントロールしている自律神経は、

「呼吸」によって調整を促すことができます。

ヨガで意識的に深い呼吸を繰り返すことで、交感神経と副交感神経の

バランスがとれ、自律神経が整うのです。

 

最近なんだか体調が優れない方、ヨガの深い呼吸で自律神経を

整えましょう。

意外と体調がすっきりしてくるかも知れません。

TAMAKO

 

引用文献:これ1冊できちんとわかる ヨガ 綿本ヨーガスタジオ RIE監修

DVDで覚えるシンプルヨーガLesson 綿本彰

ヨガと瞑想の関係

ヨガと瞑想が深い関係にあるのは、ご存知ですか?

瞑想については、SHUさんが詳しく説明をしていますので、

そちらをご覧ください。

 

実は、現代のヨガは瞑想から始まっていたのです。

 

瞑想のルーツは、約4500年前の古代インダス文明にあると

されています。この時代の遺跡の中から、ヨガの坐法を組んで

瞑想する人のような印章が発掘されました。これが瞑想のルーツ

であり、ヨガ本来の姿であると考えられています。

現代のヨガは、健康的やフィットネスを連想させるものへと

変わっていきました。しかし、「ポーズをきめる」ことばかりに

気をとらわれていては、そのポーズの持つ本当の効果を得ることは

できません。

身体と心を切り離して考えず、身体をコントロールしていくことで

心をコントロールしていこう・・・こう考えるのがヨガです。

つまりヨガの最終的な目的は、心の調整なのです。

 

これで、ヨガと瞑想の関係が分かって頂けたでしょうか?

次回は、ヨガの効果についてご紹介していきたいと思います。

TAMAKO

 

引用文献:ヨーガではじめる瞑想入門 綿本彰

ヨガを科学する ウィリアム・J・ブロード